クーリングオフ代行サービス
クーリングオフ

クーリングオフ簡易判定

クーリングオフできる契約(代表的な例)
  ※8日や20日などのクーリングオフ期間内であること
契約書にクーリングオフできる旨の記載がある場合

訪問販売で契約した場合
布団、浄水器、活水器、学習教材、印鑑、補整下着、リフォーム、シロアリ駆除、給湯器など

電話で勧誘され申し込んだ場合
資格教材、学習教材、書籍、内職など

誘われて、お店・喫茶店・レストラン等に行った場合
宝石、指輪、ネックレス、絵画、学習教材、マンションなど

街で声を掛けられ、お店に行った場合
化粧品、健康食品、美容器具、エステ、印鑑、絵画など

マルチ商法・ネットワークビジネス(連鎖販売)の契約
化粧品、健康食品、浄水器、パソコンソフトなど

次の継続的なサービス契約
エステ、英会話等の語学教室、学習塾、家庭教師(通信指導含む)、結婚サービス、パソコン教室

仕事の紹介(内職)に伴う契約
パソコン、資格教材、学習教材など

投資顧問契約
その他
  ※上記はクーリングオフできる契約の代表的な例示です。これ以外にもクーリングオフできる
    場合はあります。ご不明な場合は、お問い合わせ下さい。


当事務所取扱い対象外
  次の契約は、当事務所では取り扱っておりません。
  申し訳ありませんが、他の相談機関にご相談下さいますようお願い致します。
× ・インターネット通販、ネットオークション、通信販売
・出会い系サイト、アダルトサイト
・架空請求、振り込め詐欺
・パチンコ・パチスロ攻略法
・バイク、自動車、中古車
・アパート・マンションの賃貸
・結婚式・披露宴会場
・ホテル、旅行
・携帯電話・プロバイダー加入
・その他

<< HOME
Copyright(C)2002-2016 Office Jin All Rights Reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は、神行政書士事務所に帰属します。